マクロミルの評判・口コミを独自調査|おすすめの稼ぎ方も6つ紹介

アンケートモニターの代表格として「マクロミル」について聞いたことのある人は多いでしょう。

マクロミルは案件が非常に多い上、報酬の高い案件にも巡り合いやすいです。

そこで本記事では、マクロミルの評判や口コミについて、おすすめの稼ぎ方や安全性とともに解説していきます。

この記事を読むことで、あなたに最適のアンケートサイトを知ることができますよ。

\ 会員数200万人以上 /

マクロミル
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 安定して稼げる
  • アンケート数が非常に多い
  • 好きな時間にポイント稼ぎができる
  • 初心者にも分かりやすい
  • 安心して利用できる
デメリット
  • 時間の掛かるアンケートがある
  • ポイントが十分貯まるまで時間が掛かる
  • 回答中にイライラさせられることがある
  • メルマガが大量に来る
目次

マクロミルとは

マクロミルとは
マクロミル公式サイト

マクロミルとは、株式会社マクロミルが運営しているアンケートモニターサイトです。

アンケートメインのサイトでは国内で最も知名度や人気が高いことで知られています。

2000年からサービスを開始しており、すでに20年以上にわたって運営されている信頼性の高い企業と言えます。

会員数も230万人以上で、国内外のモニターに至っては2,000万人もいます。

ポイントのレートも1p=1円で、アンケートも数が多い点が特徴です。総合的にみて、非常に稼ぎやすいアンケートサイトと言えるでしょう。

マクロミルの運営者情報

マクロミルに関する基本的な情報は、以下の通りです。

項目詳細
運営会社株式会社マクロミル
サービス開始年2000年
会員数230万人(モニター数は国内外で2,000万人)
SSL/TLSあり
プライバシーマークあり
ポイント有効期限年1度の登録情報更新で1年延長
交換レート1pt=1円
最低換金額500pt(500円)、初回は300pt(300円)
交換手数料無料
交換先現金振込・電子マネー・ポイント・ギフト券・商品・仮想通貨・寄付
利用可能年齢6歳以上
アンケート配信数1日10件程度
スマホアプリあり
公式サイトhttps://monitor.macromill.com/

マクロミルの評判・口コミを独自調査

次にマクロミルの評判と口コミを紹介します。

口コミはクラウドソーシングサイトの「ランサーズ」からアンケートを集め、集計しました。

35歳女性:パート

アンケートの更新頻度が1日のうちに多く、高額ポイントのアンケートも多いです。また、ポイント交換の方法も多くて貯まりやすく、手を出しやすい安全サイトです。

お得ドットコム独自調査

39歳女性:主婦

ポイントサイトの中で一番アンケートの量が多いという事でやってみたところ、毎日アンケートが来てポイントが貯まらない日がないので日課になっています。

お得ドットコム独自調査

48歳男性:自営業

アンケートのみのポイントですと、月で大体200~300円程度の収入になります。1日に答えられるアンケート数はせいぜい2~3個ですので、そんなに多くは稼げません。

お得ドットコム独自調査

53歳女性:主婦

アンケートの種類や数が多く、アンケートサイトの中では管理もしっかりとしている印象を受けます。コツコツと使い続ける事で新しい調査への応募も可能になります。

お得ドットコム独自調査

36歳女性:主婦

アンケートサイトでは最大手で、アンケート数も多いです。1日平均10通くらいはアンケートがくるので、一日20〜30円稼げます。また、事前アンケートの結果次第では本アンケートが出来ます。1つ50円以上が多いのでより稼げます。

お得ドットコム独自調査

45歳女性:自営業

オンライン参加型や会場参加型の調査が多いが、ぱっと見ても他のアンケートと区別がつかないことがあり、回答してもポイントにならないのでやりづらい。

お得ドットコム独自調査

36歳女性:会社員

アプリがあり使いやすいです。1件2円〜の事前アンケートは毎日コンスタントに配信され、「塵も積もれば」で、気が付いたらポイントは貯まっています。

1件数十円〜の本アンケートも比較的多く配信され、こまめにチェックしておけば、毎月1000ポイント以上貯まります。銀行振込もあり、ポイント交換先も豊富です。

お得ドットコム独自調査

46歳女性:自営業

1ポイント=1円なのでわかりやすく、ポイントを現金として口座に振り込んでもらう際、手数料が要らないところが気に入っています。現金に換えられるので、振り込まれた後は失効することもなく、用途が限られないところも良いです。

お得ドットコム独自調査

34歳女性:パート

アンケートが毎日くることが多く、1つ1つのポイントは少ないですが、続けやすいです。回答した分だけポイントになり、ためて色々選べる中から交換するのが楽しみです。

お得ドットコム独自調査

アンケートの量も多く、毎日コツコツ作業できるという口コミが多くありました。

マクロミルのメリットを5つ解説

マクロミルのメリットを5つ解説

次にマクロミルのメリットを解説していきます。

安定して稼げる

マクロミルについては「安定的に稼げる」という声が多いです。

アンケートの件数が日常的に多く届くことが大きく影響しており、件数が多い分、得られる報酬も豊富です。

アンケート以外にも、モニター案件や会場調査案件もあるため、うまくいけば極めて高額の報酬をもらえるでしょう。

加えてお買い物モニタに参加していれば、送ったデータの数に応じた報酬を得られます。

アンケート数が非常に多い

またアンケートの件数が軒並み多い点もメリットです。

マクロミルでは1日に10通前後のアンケート案件付きメールが届きます。人によっては15~20件にも及ぶでしょう。

アンケートモニターの中には、月に数件だったり数日も来なかったりする業者さえあります。

配信の頻度が少ない業者に比べれば、マクロミルは大盤振る舞いとも言えるほどの量です。

好きな時間にポイント稼ぎができる

また好きな時間にポイ活ができることもマクロミルのメリットです。

アンケートが1日に10件以上届く分、中には募集人数を満たさないものも多くあります。後から取り組む際、案件が残っていることもあるでしょう。

加えて報酬がかなり安めの事前アンケートの場合、設問も2~5問程度となっているパターンも多いです。

時間にして1分で終わるものもたくさんあるため、日頃忙しい中でも簡単に終わらせられます。

初心者にも分かりやすい

マクロミルのアンケートは初心者にも分かりやすいことでも評判です。

登録の方法が非常に簡単で、設問もあまり複雑な問いはありません。

回答も複数の選択肢から選ぶ形であるため、わざわざ文章として組み立てる手間もかかりません。

手軽に答えて報酬を得られる仕組みも同サイトの人気の秘密です。

安心して利用できる

最後にマクロミルは、社名のおかげで安心して利用できる点でも定評があります。

同社はメディアでも頻繁に調査結果が公表されている分、社会的な信用が高いです。

加えて運営企業も東証一部上場企業である分、かなり規模が大きい会社と言えます。大手企業が運営する分、安全性や将来性の面で安心しやすいでしょう。

マクロミルの4つのデメリット

マクロミルの4つのデメリット

マクロミルはアンケート件数の多さや稼ぎやすさで人気が高い一方、いくつかネガティブな声も見られます。

次にマクロミルのデメリットを解説していきます。

時間の掛かるアンケートがある

マクロミルが配信するアンケートの中には、やたらと時間が掛かるものも含まれています。

特に報酬や分量の多い本アンケートによくある話で、中には数時間も掛かったという口コミまであるほどです。

本アンケートの中には設問が数十問や100問あるものもよく見られます。

そのため、コスパの良いアンケートを選んでいくことが大切です。

ポイントが十分貯まるまで時間が掛かる

またポイントが十分貯まるまで時間が掛かるケースもあります。

マクロミルでは最低の換金額が500円分以上となっているものの、回答したアンケートによっては時間が掛かることもあるでしょう。

特に取り組める調査が事前アンケートばかりの場合、1件当たりの報酬が2~5ptとなっています。

5ptもらえるものでも100通分に答えなければいけないため、交換額に達する前に嫌になってしまいかねません。

効率良くポイントを貯めていくには、本アンケートなどにもしっかり取り組んだ方が良いでしょう。

回答中にイライラさせられることがある

アンケートによっては回答中にイライラさせられるケースもあります。

設問が何十問もあったり、選択肢が多い上に違いがよく分からないものばかりだったりするケースです。

ただどのサイトを使ってもアンケートは基本的にこのような性質を持っていますので、アンケート案件全体のデメリットと言えますね。

メルマガが大量に来る

最後にメルマガが大量に来る点で不快に感じる声も多いです。

配信メールの設定を普通にしていてもかなりの数が来るため、メールボックスもメルマガでいっぱいになってしまいます。

もしメルマガの多さにうんざりするようであれば、設定画面でメルマガの量を少なめにすると良いでしょう。

あるいはおまとめ機能を使って一度に受け取るのも1つの手です。

マクロミルで特におすすめの稼ぎ方6つ

マクロミルで特におすすめの稼ぎ方6つ

ネガティブな評判も時折見られるものの、アンケートモニターでも随一の規模を持つマクロミルを利用するのは非常におすすめです。

特に以下のような稼ぎ方をすると収入を大きく増やすことができますよ。

事前アンケートにもしっかり回答する

マクロミルでおすすめの稼ぎ方_事前アンケート
マクロミル公式から引用

まず事前アンケートにしっかり回答することが大切です。

設問が少ない分、報酬がかなり安いものの、より規模の大きい本アンケートの対象者を決めるものにもなっています。

本アンケート以外にも、商品モニターや座談会などの参加者を決める際にも使われやすいです。

いずれも報酬が高くなっている調査であるため、事前アンケートだからと言って疎かにはできません。

事前アンケートで真摯かつ正直に回答していれば、大型調査に参加できる可能性も高まるでしょう。

本アンケートは極力迅速に答える

マクロミルでおすすめの稼ぎ方_本アンケート
マクロミル公式から引用

次に本アンケートについては、極力迅速に回答することが大切です。本アンケートは分量が大きい一方、高い報酬を得られます。

一方で事前アンケートと比べて競争率が高い分、すぐに募集枠が埋まりやすいです。早めに手を付けた方が良いでしょう。

なお設問の多いアンケートの中には途中保存機能もあるため、活用するのがおすすめです。

買い物好きな人は「お買い物モニター」もおすすめ

もし買い物が好きであれば、「お買い物モニター」に挑戦すると良いでしょう。

コンビニやスーパーなどで購入した商品のバーコードを専用の機械でスキャンし、データを送るというものです。

1週間で送ったデータに応じてポイントがもらえます。中には1週間で100pt単位を稼ぐ人もいるほどです。

またモニタに関わっている人専用のアンケートも1~2ヶ月に1度配信されます。

普段のアンケートに積極的に回答していれば、運営側からオファーが来ることがあるでしょう。

そしてテストを受けて合格すればお買い物モニタとして採用される形です。

モニター案件

マクロミルでおすすめの稼ぎ方_モニター案件
マクロミル公式から引用
項目謝礼目安
会場でモニター案件30分で3,000円
自宅でモニター案件数百円~

マクロミルでは商品モニターの案件もあります。

商品のサンプルを送ってもらい、実際に使った結果や感想をレポートする内容です。

モニターの案件数は業界で最も多くなっています。中でも食べ物系や飲料系の案件が多いため、新しい味などを試したい人におすすめです。

なおモニターについても募集は事前アンケートで行っています。

気になる案件があれば、事前アンケートにしっかり答えると良いでしょう。

会場調査(インタビュー)案件は大きく稼げる

マクロミルでおすすめの稼ぎ方_インタビュー案件
マクロミル公式から引用
項目謝礼目安
会場でインタビュー2時間で8,000円
自宅でインタビュー1時間で3,000円

マクロミルで大きく稼ぎたいのであれば、会場調査(インタビュー)案件は非常に狙う価値があります。

運営側が指定した会場にて複数人の参加者とサービスや賞品について話し合う内容です。

報酬は1件当たり3,000~8,000円程度と非常に高くなっています。

基本的に平日の昼間に都市部で開催されるケースが多いです。都市部在住で平日に時間の都合が付きやすい人向けでしょう。

PC版・スマホ版を両方使いこなす

マクロミルをうまく使うにはPC(ブラウザ)版とスマホ(アプリ)版の両方を使いこなすこともポイントです。

実はブラウザ版とアプリ版では配信されるアンケートが異なります。

別々でポイントを蓄えられる上、両方のポイントの合算も可能です。つまり両方をうまく使いこなせれば、より多くのポイントを稼げます。

「安全ではありません」「怪しい」って本当?マクロミルの安全性を検証!

「安全ではありません」「怪しい」って本当?マクロミルの安全性を検証!

マクロミルについてネット上で調べていると、「安全ではありません」「怪しい」といったワードを見かけることがありますよね。

マクロミルは安全性の面では問題ないのでしょうか。

運営会社やセキュリティの面から、マクロミルの安全性について見ていきます。

運営歴は長く東証一部にも上場

まず運営会社である株式会社マクロミルは、2000年に設立された企業です。

20年以上の運営歴があるため、業界だけでなく世間一般からも高い信頼性を得ています。

加えて同社は東証一部に再上場を果たした経歴を持つ企業です。東証一部への上場はかなり審査が厳しいため、2度上場を果たしたことは驚くべきことと言えます。

再上場できるだけの経営能力や基盤があることを意味しているため、今後とも安泰と考えて良いでしょう。

会員数も非常に多い

またマクロミルは230万人もの会員がいます。

ポイントサイト業界では非常に多い部類に入る分、大手のサイトと言えるほどの規模です。

現在は副業ブームの真っただ中で、各サイトも会員を巡る激しい競争を展開しています。

厳しい競争の中にあっても安定的な規模を維持している時点で、将来性や信頼性は高いです。

ポイント交換用に第2パスワードも交付

さらにマクロミルでは、普通のパスワード以外に第2パスワードも交付しています。

特に重要性の高いポイント交換と登録情報の変更を行う際に必要なパスワードです。

実際に手続きを行う際は、普通のパスワードと一緒に入力することになります。

2種類のパスワードを併用する分、より強固なセキュリティが施されている状態で安心できるでしょう。

個人情報対策としてプライバシーマークを取得

マクロミルでは個人情報対策としてプライバシーマークを取得しています。

同マークは個人情報の適正な取り扱いに熱心な企業でなければ持てないものです。

取得の際に受ける審査もかなり厳格なものになっています。

マークを持っていることは審査を通過できたことを意味するため、マクロミルが個人情報の取り扱いを厳正に行う企業であることの証拠です。

ちなみにマクロミルでは、個人情報関係の専門的な研修を受けたスタッフのみが個人情報を扱えるようになっています。

個人情報の扱いについては非常に安心しやすいです。

日本マーケティングリサーチ協会に加入

マクロミルは日本マーケティングリサーチ協会にも正会員として加入しています。

同協会は市場調査の業界団体で、調査の過程で得られた個人情報を含む情報を適正に扱うことをうたっている組織です。

そして同協会の正会員はかなり厳しい審査を通過しなければなれません。

マクロミルは実際に正会員になっているため、かなりマーケティングリサーチに対する意識が高いと言えます。

TLS(暗号化通信)導入でセキュリティ面も安全

最後にセキュリティ対策としてTLS(暗号化通信)も導入している点も特徴です。

暗号化通信自体は、第三者からの不正なアクセスやなりすましなどを防ぐ効果があります。

同時にTLSは、暗号化通信技術として広く知られている「SSL」の後継発展版です。

より強力かつ最先端の技術であるため、セキュリティ面での安全性は非常に高くなっています。

マクロミルでのポイント換金方法・手数料について

マクロミルでのポイント換金方法・手数料について

悪路ミルを利用する場合、ポイント交換にまつわるルールは是非知っておきたいですよね。

交換レートや交換先などについても説明しておきましょう。

交換レートは1pt=1円

まずマクロミルでの交換レートは1pt=1円です。

稼いだ分のポイントが直接手にできるお金になる分、アンケート回答などでのモチベーションも高まるでしょう。

ポイントサイトの中には1pt=0.1円(10ptで1円)というハードなレートを導入しているところも多いです。

マクロミルはレートの点では非常に優遇された条件になっていると言えます。

最低交換額は基本500円

またマクロミルでの最低交換額は基本的に500円です。

ただし商品交換以外の交換先については、初回のみ300円から交換できます。

登録してから間もない段階であれば、かなり低い金額で交換できる点で便利です。

寄付に限り1円からでもOK

なお寄付する場合に限り、1円から5,000円の範囲で交換できます。

寄付先として設定されているのは、日本赤十字社・国境なき医師団・ユニセフ・WWF(世界自然保護基金)の4団体です。

寄付を通じて社会貢献や世界的な問題の解決への協力ができるため、是非活用すると良いでしょう。

交換手数料は無料

交換手数料については全ての交換先で無料です。

ポイントで受け取るお金について考える際、手数料のことで心配する必要はありません。

ポイントサイトの中には手数料を天引きするケースがあることも考えると、マクロミルは非常に便利です。

ポイントの有効期限は登録情報を更新すれば延長

マクロミルで得たポイントの有効期限は基本的に1年となっています。

ただし毎年登録情報を更新すれば1年間延長される仕組みです。

更新手続きについては毎年秋から冬にかけて運営側からメールで知らされます。URLからアクセスして手続きを進めれば完了です。

交換先は現金・電子マネー・仮想通貨など多様

最後にポイントの交換先は、現金・電子マネー・仮想通貨など色々とあります。

Amazonギフト券・Tポイント・楽天Edy・LINEポイントなどにも交換可能です。また5,000点の商品から好きなものを選べます。

ちなみに交換のタイミングは、仮想通貨が即日と最も早いです。現金や電子マネーなどは翌月の後半となっています。

マクロミルがおすすめの人3タイプ

マクロミルがおすすめの人3タイプ

マクロミルを利用する際、おすすめの人のタイプについて気になりますよね。

以下の3つに当てはまる場合であればうまく使いこなせるでしょう。

継続的にお小遣い稼ぎしたい人

まず継続的にお小遣い稼ぎしたい人が挙げられます。

マクロミルの調査は事前アンケートから本アンケート・座談会のような大規模なものまで様々です。

様々な調査がある上、配信量も非常に豊富であるため、継続的にポイ活がしやすくなっています。

長い期間お小遣いを稼ぐにはマクロミルはおすすめです。

\ 会員数200万人以上 /

時間や場所に関係なく熱心にポイ活したい人

また時間や場所に関係なく熱心にポイ活したい人にも向いています。

事前アンケートのような短時間で終わる調査も多く配信されているため、スマホやパソコンが1台あればいつでもポイントを得やすいです。

加えて日頃仕事や家事で忙しい人も、都合に合わせてアンケートに回答できます。

ほんの少しずつでもポイントを貯められる点がマクロミルの良いところです。

会場調査についても前向きになれる人

最後に会場調査についても前向きになれる人にもおすすめでしょう。

会場調査は複数人の参加者と一緒に進める分、コミュニケーション力は必要です。

ただ他人との会話に苦手意識がある場合、会場調査に対して後ろ向きになりやすいでしょう。

もし「様々な人と話したり知らないサービスについて知ったりできる」と考えられれば、高い報酬も期待できます。

会場調査は高い報酬を得る大きなチャンスです。ある程度の前向きさを伴って参加してみると良いでしょう。

\ 会員数200万人以上 /

マクロミルの登録方法・流れ

マクロミルの登録方法・流れ

実際にマクロミルを利用するのであれば、登録方法についても知っておくのがおすすめです。

退会方法とともに登録の流れについて見ていきます。

マクロミルに登録する流れ

マクロミルに登録するには、まずマクロミルの公式サイトにアクセスした上で、右上にある「かんたん無料 モニター登録」をクリックしましょう。

マクロミルの公式サイトに移動
マクロミル公式から引用

クリックするとメールアドレスとパスワードの設定画面に進むので、使いたいアドレスとパスワードを入力。

マクロミルの登録_メールとパスワードを入力する
マクロミル公式から引用

登録の際はSNS・Google・Yahoo!のアカウントを使う方法もあります。

メールアドレスを入力して次に進むと、詳細情報の入力です。

入力すべき情報は以下の通りになっています。

  • メールアドレス
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 職業
  • 結婚の有無
  • 子供の有無
  • 同居人の人数
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 電話番号
  • 自家用車の有無
  • 運転免許の有無

入力後は送信し、届いたメールのURLをクリックすれば完了です。

ちなみに新規登録の際は20ptがもれなくもらえます。

またアンケートで稼ぐ際は複数のサイトと併用した方がおすすめです。

他のアンケートサイトに関しては「アンケートサイトのおすすめランキング」の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マクロミルの退会方法

一方マクロミルを退会する際は、マイページの各種設定から退会手続きへと移って進めれば完了です。

直前に退会理由を選ぶことになるため、該当するものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

マクロミルの評判や口コミについて色々と見てきました。

案件の多さや稼ぎやすさに対する好意的な口コミが多いです。一方回答に時間が掛かるなどの不満も見られます。

マクロミルでは普通のアンケート以外にも、座談会・商品モニター・お買い物モニタなどのコンテンツがある点も魅力的です。

マクロミルの評判や口コミも考慮した上で改めて登録したい場合は、今回の内容を振り返っていただければ幸いです。

\ 会員数200万人以上 /

マクロミルに関する「よくある質問」

マクロミルの「安全ではありません」って本当?

マクロミルを検索すると「安全ではありません」と出てきます。

マクロミルは東証一部にも上場するほどの企業で、信頼性の高い企業です。

検索結果で「安全ではありません」と出てきますが、アンケートサイトの登録で個人情報を入力する必要があり、不安に感じた方が入力したものと予想されます。

暗号化通信でセキュリティ対策もしているので、基本的には問題ないと言えるでしょう。

マクロミルで「騙された」という口コミがある理由は?

マクロミルを検索すると「騙された」と出てきます。

これは実際にアンケートをやってみて、思ったより稼げなかったため、検索に出てきていると考えれらます。

稼げる・稼げないは個人間で目標額が異なるので、まずは実際に自分で実践してみるのが大切だと言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次